トピックス

渋谷が「エンタメ×5G」で進化 渋谷の街がアートで拡張 ARアート展「INVISIBLE ART IN PUBLIC」開催

~「渋谷エンタメテック推進プロジェクト」第三弾、5G時代のアート鑑賞を提案~

一般財団法人渋谷区観光協会(所在地:東京都渋谷区、代表理事:金山 淳吾、渋谷区観光協会)、一般社団法人渋谷未来デザイン(所在地:東京都渋谷区、代表理事:小泉 秀樹、以下 渋谷未来デザイン)、KDDI株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:髙橋 誠、以下 KDDI)は、「渋谷エンタメテック推進プロジェクト」の第三弾として、2019年11月8日から2019年11月10日の3日間、ARで楽しむアート展「INVISIBLE ART IN PUBLIC」をSHIBUYA CAST.敷地内にて開催します。

「INVISIBLE ART IN PUBLIC」は、「『見えない』を価値に。」をコンセプトに、スマートフォンやタブレットを活用して空間上に浮かび上がるアートをお楽しみいただけるARアート展です。第5世代移動通信システム「5G」(以下 5G)時代の芸術の楽しみ方をご提案します。

今後も、「渋谷エンタメテック推進プロジェクト」では、来たる5G時代を見据えて、KDDIの有する テクノロジーとオープンイノベーションを組み合わせることで、渋谷の街をエンターテインメントとテクノロジーでアップデートしていきます。